「サイクルモードインターナショナル2009」

高級スポーツバイクの試乗が出来るサイクルショーとして人気の「サイクルモードインターナショナル2010」が、11月13・14日、インテックス大阪で開催された。今年も様々な趣向をこらしたイベントも併催され、盛況だった。

詳細はこちら

日時 2010年11月7日(日)
集合 近鉄榛原駅前 AM 9:00
ルート 82km・・・各ポイントの標高と区間距離を表示しています(嶋村さん情報)。
近鉄・榛原駅前(315m) ~(11km)~ 室生ダム(304m) ~(7km)~ 室生寺(355m) ~(10km)~ 栂坂峠(683m)~(10km)~ 曽爾高原登り口(393m) ~(5km)~ 曽爾高原駐車場(685m) ~香落渓,青蓮寺湖(解散)
参加者 10人
上岡 克志 : 片山 和朗 : 近藤 一郎 : 下世古 拓見 : 田井 康弘
辻内 正博 : 西見 紘一 : 松山 恭男 : 渡辺  一良 : 渡辺  茂


11月協会ラン 曽爾高原~香落渓,青蓮寺湖

自走組と輪行組が集合し、9:15にスタート。室生寺まではそんなに「きつい坂」はない。紅葉が美しい室生寺で集合写真を撮ったが、まだまだ元気イッパイで~す。ここで何人かが名物の草餅(@100)を楽しみました。
栂坂峠(標高683m)を避けて、弁財天トンネル(923m)と栂坂トンネル(1,827m)を抜ける心算の軟弱組が約半分いたのだが、分岐点が分らないまま走ってしまい、結局全員が栂坂峠越えのルートを走る結果となった。シ・ン・ド・イ!!
その代わり曽爾高原登り口までは快適な下りで、美しい屏風岩を堪能して走れた。曽爾高原登り口にある食堂で昼食。我々に続いて約20人ほどのサイクリストが入ってきて、その店はサイクリストだけで満席になった。BIKEブームを実感。下世古さんと松山さんはケタ違いの健脚なので、そこからはフリーランにして曽爾高原を目指す。帰路は「お亀の湯」で集合して、香落渓の緩やかな下りと深まる秋の景色を楽しみながら青蓮寺湖へ。ここで解散となり、私を含め3人は名張駅から輪行で帰りました。
(I・K)
日時 2010年10月24日(日)
集合 AM 8:30 平城宮跡・朱雀門 南側
ルート 約90km
平城宮跡・朱雀門 ~ (自転車道) ~ JR加茂駅 ~ 和束町 ~ 信楽(昼食) ~ 和束町 ~ 加茂町 ~ (木津川南側道路) ~ 木津町 ~ 平城宮跡・朱雀門
参加者 12名
岩井 豊喜 大森 克洋 片山 和朗 近藤 一郎 塩田 武 田井 康弘 武田 清二
辰野 弘幸 辻内 正博 西井 聡太郎 前田 修 横山 光太郎

10月協会ラン「信楽」に参加したみなさん

日 時: 5月9日(日)
集 合: 8:30 a.m. 吉野運動公園・駐車場
出 発: 9:00 a.m.
参加費: 一般 3,000円  NCA会員 2,500円
参加者: 32名
ルート: 約91km 吉野運動公園・駐車場 ~ 足の郷 ~ 五番関 ~ 下市町 ~ 吉野運動公園
※ これに参加すると初参加でもロングコースにエントリー出来ます。

≪ REPORT : 宮平 敬生 ≫
今回、サポートスタッフとして参加させていただきましたが、素晴らしい快晴の中、清みわたる清流、新緑のシャワー、吉野でしか楽しめない絶景を堪能し、個人的にも充分楽しませていただきました。今回走ったルートは、「山岳GF in吉野専用ホームページ」の「試走のススメ」でご紹介しています。サイクリングコースとしても素晴らしい(ただし難度は少々高いかもしれませんが)ので、「山岳GF in吉野」にご参加されない方も是非一度走ってみてください。今回は、今後走られる方の参考になりそうな情報を中心にレポートさせていただきます。 詳細はこちら

国内のグランフォンドでも数少ない山岳ステージの「山岳グランフォンドin吉野」は、高低差を含めると表示距離+50km以上の負荷。激しく変わる天候や気温。さらに吉野でしか経験できない急傾斜や滑りやすく荒れた路面は、下りだけでなく、上りでも技術が必要で、単に脚力だけでなく経験値・技術力・判断力など総合的な自分力が要求される非常に難易度の高いコースであると共に、吉野ならではの美しい自然をふんだんに満喫できる素晴らしいサイクリングコースでもあります。体力・技術・装備など充分な準備を整えた、あなたの挑戦をお待ちしています。
[山岳グランフォンドin吉野 公式サイトへ]