12月協会ラン 「加茂当尾の石仏と大仏鉄道めぐり」の報告

開催日 2014年12月13日(土)
集合 午前9時 平城宮跡 遺構展示館横駐車場(大極殿 約500米東側、駐車場開門8時半・閉門17時)
ルート 「遺構展示館前」→「転害門左折」→「般若寺信号右折」369号線→「中の川信号左折」→二股(三重中央開発の看板)左方向→岩舟寺(トイレ休憩)→石仏めぐりスタ-ト地点・・・○ミロクの辻(弥勒磨崖仏→わらい仏→唐臼の壺→藪の中の磨崖像→首切り地蔵→大門石仏群→阿弥陀磨崖仏)→ 加茂・SL見物→加茂駅動輪公園(集合写真)・昼食・・・近くにキッチン「数」(トンカツ屋)・そばやさん等があります。
◎大仏鉄道遺構めぐり・・・○ランプ小屋→観音寺橋台→観音寺小橋台→梶ヶ谷トンネル→赤橋→松谷トンネル→舞台のトンネル→黒髪山トンネル→大仏駅記念公園・畠山製菓(大仏鉄道せんべい)・・・記念にどうぞ)→ゴ-ル(遺構展示館)・・・走行距離37km・2時30分ごろ解散の予定


12月13日(土)、平城宮跡東側遺構展示館駐車場、朝8時半過ぎ、参加者がつぎつぎとやってくる。
昨日の天気予報が、一級寒波が南下し平地でも所により雪が舞う・・・とのことでしたので、本日は、参加者が減るのではないかな?と思っていましたが、参加取消しの方は2名ほどで、飛び入り参加者数名おられ、結果、総員17名での、9時15分過ぎのスタ-トとなりました。

さて、本日のご案内は、昨年に引き続き、「加茂当尾」地区の石仏と、「大仏鉄道」の路線めぐりです。
道中走りながら、今回の参加者リストでは、若手の方を始め、ご高齢の方や、ご夫婦で参加の方、中には走り屋さんもおられた。この寒さの中、折角ご参加頂いたのだから、精いっぱいご案内し、事故なく、そして喜んでお帰りいただこう・・・との思いを頭でえがきながら先頭で引っ張る。「転害門」を左折、「般若寺」の信号を道なりに369号線を柳生方面へ向かった。

中の川の信号まで上りが続く、集団走行の後方は、協会の木村さんや片山さんが引き受けて下さっている。すばらしいコンビネ-ションだ、これなら、安心して引っ張っていける。
順調なペ-スだ・・・と小生はおもっているのですが? 信号を左折、ここから「岩船寺」へ向かう、途中でふっと気がついた。「そう言えば昨年、二股に分かれていた場所で、左の細い方に行くところを何名か右に行ってしまったな~」そこで、分岐の場所まで、少しピッチを上げ、そこで左方向へと誘導した。10時20分「岩船寺」到着。
ここでしばらく休憩。その間、参加者の皆さん、お土産に名物の漬物を買われていたようです。勿論小生も買いました。
さて、ここからが石仏めぐり・・・スタ-ト地点のミロクの辻へと向かった。右折する角の所に「弥勒菩薩」の石仏があった。小生が「弥勒さまのお顔がはっきり見える方は心の綺麗な方と言われている様ですよ」と言ったところ、参加者のお一人から、「そんな人は一人もいませんよ!!」と声がかかった。これには参加者一同爆笑でありました。そこから、「笑い仏」~「唐臼の壺」~「藪の中の磨崖像」~「首切り地蔵」~迫力満点の「阿弥陀磨崖仏」等見てまわりましたが、やはり、「笑い仏」さまはいつ見ても良いお顔をしていらっしゃる、あの笑顔は正に癒しのシンボルだな!!・・・思いつつ加茂方面へと向かう。

   

駅の手前で、現天皇陛下・美智子妃ご成婚後「お召し列車」を、牽引したといわれているSL(C5756・・・通称貴婦人)を見物、そののち、加茂駅南側にある動輪公園に到着、11時30分でした。ここで記念撮影し、昼食休憩、カレ-屋さん・お好み焼き屋さん・串カツ屋さん等に分散、食事を採って頂く。

   

午後1時、さあ・「大仏鉄道」の案内開始であります。「ランプ小屋」を皮切りに「大仏鉄道遺構めぐり」の矢印看板に沿って、里道を進んでいく、まずは観音寺橋台を手始めに→観音寺小橋台→鹿背山橋台→と見て回る、いずれも、100年以上前にできた、石積みの遺構である。続いて、梶ヶ谷トンネル→赤橋これはレンガ積み、以上が京都府側の遺構で、ひとつずつご案内、参加者の皆さん、写真をとったり、案内板を見たり、大変ご熱心なご様子でした。美加ノ原CC正面の市道を道なりに梅谷地区へと下って行く。さて、ここからの奈良県側には「大仏鉄道」の案内看板はありません。

   

ここからは、県道44号線を挟んで西から東・東から西と蛇行をくりかえしながら、里道を走り、黒髪山トンネルへと登っていく。・・・現在は跨道橋が架かっております。この間案内した遺構は、舞台のトンネル・松谷川トンネルです。松谷川の遺構の周辺は整備され、真新しい案内板が立てられておりました。

   

この先は、鴻の池の陸上競技場の前を通り、大仏駅があった動輪公園へとむかう。「下長慶橋」の川底にある遺構を案内し最後に、「畠山製菓」に参加者全員で立ち寄りました。皆さんあれこれとお土産を選んでおられました。

 

そこを出て、朱雀門東側の遺構展示館に到着したのは、予定通りの3時ちょっと前でした。
参加者の皆様に、参加のお礼を申し上げるとともに、来年も変わらぬご支援をお願いいたし解散いたしました

NCA 奈良県サイクリング協会

〒630-8238
奈良市高天市町22番地の2 塚本方
FAX専用ダイアル 0742-23-3249